眼輪筋を意識して使用する事が、目の下のたるみを防止するためには必要

目の下にたるみが生じると実年齢よりも老けて見られてしまいます。たるみを解消するために様々な方法が編み出されていますが、まずはたるみがなぜ起きるのかについて理解する必要があります。

 

 目の下にたるみが生じるのは、顔の筋肉が衰えてしまう事が原因となっています。目の周りにある眼輪筋は、目を開けたり閉じたりする筋肉ですが、非常に薄い形状となっており、使わなければ衰えて機能しにくくなります。眼輪筋が弱ってしまうと目を開くときに額の部分にある前頭筋が使われるようになります。前頭筋を使用する頻度が増加するほどますます眼輪筋は使用されなくなり衰えてしまいます。こうして目の周りの筋肉が衰えてしまう事が、たるみが生じる原因となっているのです。

 

 眼輪筋を意識して使用する事が、目の下のたるみを防止するためには必要となります。目を開いたり閉じたりするときに、おでこの筋肉を使用しないように意識する事がトレーニングとなります。眼輪筋を意識的に使うという事は、目に周りについている脂肪を燃焼させる効果もあるので、目の下にたるみを生じさせないだけではなく、ぱっちりとした目を作るためにも有効です。

 

このページのトップへ